バックナンバー

矯正歯科の深い情報

矯正歯科の治療と保険適用

保険が利かない矯正歯科と評判

  • トップ /
  • 保険が利かない矯正歯科と評判

矯正歯科の治療は健康保険適用外

矯正歯科で行う一般的な歯列矯正は、美容のための処置と見なされるため、現在、日本では健康保険の適用外となります。これは自由診療または自費診療と呼ばれており、費用は全て自己負担になります。治療費は各歯科医院によって設定されていますが、評判の良い矯正歯科であれば、リーズナブルな料金で歯列矯正が行えます。ただし保険が利く矯正治療もあるため、注意が必要です。例えば、生まれつき永久歯がない場合を先天性欠如と呼びますが、6本以上の先天性欠如のケースでは、矯正歯科での治療にも健康保険が適用されます。評判の良い歯科クリニックであれば、こうしたことに関しても、しっかり説明してくれます。また顎変形症を伴う場合は、歯列矯正だけでなく顎の手術も必要になるため、保険診療で治療が可能です。また評判の良い矯正歯科では、なるべく抜歯をしない矯正や、外から見えにくい裏側矯正などを行っています。この矯正法はリンガル矯正とも呼ばれ、金属の矯正装置を表側に付けずに歯列の裏側に装着します。笑っても矯正装置が見えないため、矯正歯科では評判の良い治療法です。またこの方法では歯茎への負担も少なく、装着中の虫歯発生率も低いことがわかっています。

↑PAGE TOP